2011年3月28日月曜日

東北関東大震災の被害に遭われたすべての方々を覚えて


近畿福音ルーテル教会の各教会は、昨日の礼拝式において
すべての被災者の方々、救援者の方々、 原発問題のただ中にある方々、
日本福音ルーテル教会仙台教会・鶴ヶ谷教会の藤井邦昭牧師、
日本ルーテル教団福島いずみ教会・郡山ルーテル・キリスト教会の
野村治牧師と、各教会に連なるすべての方々を覚えて、
神様の助けと慰め、祝福と御守りを祈る特別祈祷を捧げました。

2011年3月26日土曜日

救援物資送付のお願い



送付品の内容について

「米」
「缶詰」
「カップラーメン」
「インスタントラーメン」
「レトルト食品」

* 種類ごとに、段ボールに詰め、品名が良く分かるように、
  箱に記入(もしくは紙で張る)してください。
* 決して、混合して詰めないでください。
 (必要なところに、必要なものを届けるためです)
    * 上記の救援物資以外を送らないで下さい。
* 教会名を明記してください。    

送付先 〒130-0012 
    東京都墨田区太平1-17-6 20号棟
 株式会社 KTS内 ルーテル救援物資
 ℡03-5610-5988
 
送付締切 42日(土)まで
* 第1回トラック輸送日は328日(月)予定
* 第2回のトラック輸送日は、42日(土)以降を予定。

以上、皆様のお祈りとご協力をよろしくお願いいたします。




救援物資集積所KTS訪問

324日(木)に末岡成夫議長とはげの下照光副議長が、今後の救援方策の対応のため東京でのルーテル4教団の議長会議に出席し、その際、救援物資の集積ポイントとしてお世話になっている株式会社KTS様の倉庫を訪問し、直接、持参した救援物資を手渡しさせていただきました。










【追記】「救援物資送付、ご協力感謝」

皆様から送っていただきました尊い救援物資は、東京のKTS運輸倉庫でまとめられて、チャータートラックに積載し、
宮城県の被災地、各避難所に届けられました。皆様のご協力に心から感謝申し上げます。

全国の皆さんから送られたもの、救援対策本部が用意したものを4月4日(月)以下の所に送りました。

気仙沼市 市役所へ
米、レトルト、カップラーメン(皆さんから送られた物の大半)
醤油、長靴、スリッパ、バケツ(以上購入したもの)

石巻市
東北広域震災NGOセンター(日本ボランティアセンター山形)へ
長靴、包丁、スニーカー、バケツ、味噌、醤油(購入したもの)

多賀城市  市役所へ
スリッパ、バケツ

いわき市
NPO法人うつくしまNPOネットワーク(シャプラニル)へ
カップラーメン(皆さんから送られた物)
野菜、バケツ、長靴、醤油(購入したもの)

伊達市 シャンティ国際ボランティアへ
水、野菜ジュース、インスタントスープ(購入したもの)


「東北関東大震ルーテル教会救援」組織化


四ルーテル議長会が中心となって「東北関東大震災ルーテル教会救援」を組織化しました。
私、末岡とはげの下副議長は3月24日から25日にかけて東京の市ヶ谷会館で開催された東北関東大震災の救援活動についての会議に出席いたしました。

24日は4ルーテル教会の議長会として集まり、日本福音ルーテル教会、日本ルーテル教会、西日本福音ルーテル教会、近畿福音ルーテル教会という四つのルーテル教会が協力して救援活動する事を確認するとともに正式に「東北関東大震ルーテル教会救援」という名称にて理事会組織的に活動していくことを決定いたしました。この組織のもとにますます活発にルーテル教会救援活動が続いて行われていきます。

これからも今回の地震津波で悲しみと苦しみの中にいらっしゃるすべての方々の上に主の豊かな慰めと御支えをお祈りしてまいります。
続いて皆様のお祈りとご協力をどうぞよろしくお願いたします。 

2011年3月26日
近畿福音ルーテル教会
議長 末岡成夫

2011年3月23日水曜日

近畿福音ルーテル教会 総会宣言 「東北関東大震災被災者の方々を覚えての祈り」

1.近畿福音ルーテル教会は、東北関東大震災の多くの犠牲者の方々の
上に心から哀悼の意を表します。

また、被災者の方々の上に神様の御恵みと御守りを心から祈ります。

懸命の救援活動を続けておられる方々の上に神様の助けと御守りを
心よりお祈りすると共に被災地の支援のために出来る限りの協力を
していきます。

2.支援協力内容について、近畿福音ルーテル教会は、日本福音ルーテル
教会の救援対策本部に協力し、その窓口を通して積極的に義援金協力を
行い、救援物資を送付いたします。

3.近畿福音ルーテル教会は日本赤十字社はじめその他の支援団体を
通しても義援金送付及び援助を通し積極的に協力していきます。

この地上に主の平安が豊かに与えられますように心から祈ります。

主イエス・キリストの御名によって アーメン。


2011年3月21日 第66回定期総会にて

近畿福音ルーテル教会
総 会 議 長 末岡成夫
(総会宣言 動画)


A Resolution to Pray for those who have suffered loss
in the Eastern Japan Earthquake and Tsunami

  
1. Kinki Evangelical Lutheran Church expresses its condolences
 to themany people who have lost loved ones in the earthquake
 and tsunami that has afflicted eastern Japan. Further, we pray
 for God's mercy and protection upon all those who have received
 injury, damage, and loss through this disaster.
 

 We pray for God's protection and help for all those who are
 involved in urgent relief activities. 
 
 We express our willingness to cooperate to the degree possible
 with those who are supporting relief activities in the afflicted areas.

2. Concerning the above stated cooperation in relief activities,
 Kinki Evangelical Lutheran Church is intends to continue
 cooperation that it has already started with the relief activities of
 Japan Evangelical Lutheran Church(JELC), and intends
 proactively continue to channel relief funds and materials
 through the JELC.
  
3. Kinki Evangelical Lutheran Church intends to continue
 proactively cooperating with the Japan Red Cross and other
 relief organizations in remittance of funds and materials to
 afflicted areas.

 We pray wholeheartedly for the Lord generously to grant peace
 and rest to the whole earth, in the Name of the Lord Jesus Christ, 
                                                                                                 Amen


 Rev. Shigeo Sueoka

   President, Kinki Evangelical Lutheran Church

   (Link to video)

2011年3月22日火曜日

義援金の送金方法 How to donate?

★ 国内からの義援金送金先口座 ★

名義: 近畿福音ルーテル教会
郵便振替:00910-2-42604

通信欄:東北関東大震災義援金支援と明記ください。


★ 国外からの義援金送金先口座 ★
            (from oversea)

BANK NAME :RISONA BANK LTD
BRANCH NAME:ICHIOKA BRANCH
BRANCH ADDRESS:1-3-3 ISOJI MINATOKU OSAKA
552-0003 JAPAN

BRANCH NO:134
SWIFT CODE: DAIWAJPJT
PAYEE: KINKI EVANGELICAL LUTHERAN CHURCH
A/C NO: 2375821
ADDRESS::2-2-18 ISOJI MINATOKU OSAKA
552-0003 JAPAN
TEL: 06-6573-5921

Please designate as “tsunami relief”

An Appeal to All Congregations in Kinki Evangelical Lutheran Church

Dear Brothers and Sisters in Christ,

   Greetings to you in the Name of the Lord Jesus.  I write to appeal to you for your cooperation in prayer and collection of relief funds for victims of Japan’s recent earthquake. Our Kinki Church  has begun the collection of funds for relief and support of these victims.  In such a large scale catastrophe, long term measures are necessary rather than merely short term measures.
 Pursuant to this, as an expression of Lutheran concern and relief work in this country, the Japan Evangelical  Lutheran Church this week established an Earthquake Tsunami Relief Headquarters, and is  planning on-site relief work with field headquarters in Sendai Tsurugatani Church, serving the churches in the damaged areas of Northeastern and Eastern Japan.   The Relief Headquarters intends to share funds with Roman Catholic churches and Anglican congregations in this area which have received heavy damage.  Kinki Church as a member of the LWF (Lutheran World Federation) intends to cooperate proactively with  LWF relief efforts, which intention on the part of the LWF has already been communicated to both the JELC and to us.   We also intend cooperative work with the Japan Evangelical Lutheran Church and the Japan Lutheran Church, and some sort of joint relief committee is being considered at this point.
   Furthermore, our Kinki Church, seeking the most speedy and appropriate response to the needs of the afflicted areas, has already wired some relief funds to the Japan Red Cross, the YMCA (centered on the local relief activities of the Sendai YMCA), and Japan Food for the Hungry.
   In my earlier request to Kinki’s local congregations to begin immediate fund raising, I indicated that these should be collected by the end of April; however in light of the various circumstances and transportation conditions now pertaining, I request that these fund raising activities be continued long term.  I ask for your most cordial cooperation and fervent prayer in these matters. It is also necessary that we unite our hearts in prayer concerning the ever worsening problems at the distressed nuclear power plant.  We are greatly comforted by the warm prayers on our behalf by mission friends in Norway and other Christians overseas.
   When we remember in prayer those in afflicted areas who are in suffering and pain, we too have pain in our hearts. There is no historical precedent for the experience of suffering many are undergoing, but especially because that is so, let us continue united in prayer and in acts of mercy.
   Let me express my most profound gratitude to all for your hearty cooperation and prayer.

Very Sincerely Yours,
Shigeo Sueoka
Church President KELC

「東北関東大震災義援金」支援お祈りとご協力のお願い

主の御名を讃美します。

近畿福音ルーテル教会では、悲しみと苦しみの中にある、おひとりおひとりの上に主の豊かな御支えと御守りをお祈りしつつ、義援金・支援活動を行っています。

大規模な被害状況のため、短期的な取り組みではなく、長期的な支援体制が必要です。
国内のルーテル教会の活動としては、今週日本福音ルーテル教会内に、救援対策本部が結成され、仙台鶴ケ谷教会を中心に東北地方の教会を拠点として活動していくことになりました。
合わせて、甚大な被害を受けている東北地方のカトリック教会と聖公会の皆様への支援協力も行う予定です。

LWF(世界ルーテル連盟)の支援も表明される中、近畿福音ルーテル教会もLWFの一員としてこの救援活動に積極的に協力していきます。
また日本ルーテル教団も共に協力活動していく予定ですので、ルーテル教会合同の協力委員会的な救援活動が予定されています。

また、近畿福音ルーテル教会は、出来るだけ迅速かつ的確に地元の必要に応じることができるように願いつつ、日本赤十字、YMCA(仙台YMCA拠点地域活動)、日本国際飢餓対策機構(国内活動)にも義援金をお送りしました。

今も、現地で悲しみと苦しみの中に居る方々のことを覚える時、私たちの心の中は痛みを覚えます。歴史的に、経験したことの無い苦難の中にありますが、このような時だからこそ私たちは、心を一つにして、主の恵みを祈りつつ、支援をしてまいりたいと思います。

皆様のお祈りとご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
在主

近畿福音ルーテル教会
総会議長 末岡成夫