2011年3月22日火曜日

「東北関東大震災義援金」支援お祈りとご協力のお願い

主の御名を讃美します。

近畿福音ルーテル教会では、悲しみと苦しみの中にある、おひとりおひとりの上に主の豊かな御支えと御守りをお祈りしつつ、義援金・支援活動を行っています。

大規模な被害状況のため、短期的な取り組みではなく、長期的な支援体制が必要です。
国内のルーテル教会の活動としては、今週日本福音ルーテル教会内に、救援対策本部が結成され、仙台鶴ケ谷教会を中心に東北地方の教会を拠点として活動していくことになりました。
合わせて、甚大な被害を受けている東北地方のカトリック教会と聖公会の皆様への支援協力も行う予定です。

LWF(世界ルーテル連盟)の支援も表明される中、近畿福音ルーテル教会もLWFの一員としてこの救援活動に積極的に協力していきます。
また日本ルーテル教団も共に協力活動していく予定ですので、ルーテル教会合同の協力委員会的な救援活動が予定されています。

また、近畿福音ルーテル教会は、出来るだけ迅速かつ的確に地元の必要に応じることができるように願いつつ、日本赤十字、YMCA(仙台YMCA拠点地域活動)、日本国際飢餓対策機構(国内活動)にも義援金をお送りしました。

今も、現地で悲しみと苦しみの中に居る方々のことを覚える時、私たちの心の中は痛みを覚えます。歴史的に、経験したことの無い苦難の中にありますが、このような時だからこそ私たちは、心を一つにして、主の恵みを祈りつつ、支援をしてまいりたいと思います。

皆様のお祈りとご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
在主

近畿福音ルーテル教会
総会議長 末岡成夫