2011年4月30日土曜日

被災地からのメッセージ

仙台の長島さんから心を強められるメッセージが届きました。
被災された皆さんが力強く立ち上がろうとされています。


昨日、新入生オリエンテーションの一日の行事が終わって、新入生たちとジュースとお菓子で歓談していたときのことでした。
ひとりの新入生が「先生、見てください」といって私に近寄り、携帯電話の画面で動画を見せてくれました。
立派な家に津波が押し寄せ、2階にまで水があがり、ついには、家が押し流されていきました。
彼の気仙沼の自宅でした。
歓談の時間は、多くの学生が残り、地震の話しをお互いにしていました。
自宅が、津波で押し流された新入生は、笑顔で話してくれました。
わたしのほうが、胸が詰まる思いでした。

今日、宮古にいる教え子からメールが届きました。
携帯電話で撮影したものです。
「店舗再開しました。大変感謝してます。宮古社協のA君より連絡がいきましたか。お客様がきましのでまた後で。」
とありました。
わたしは、宮古での彼の結婚式に行った思いでがあります。
無くなった店舗跡で、トラックでの営業ですね。
どうぞ、祈ってください。

長島慎二

2011年4月29日金曜日

となりびとボランティア・レポート

大柴譲治牧師(日本福音ルーテルむさしの教会)のボランティア・レポートです。(4月29日)
皆さまお疲れ様でした。
 
ルーテルとなりびとブログより転載
 
ゴールデンウィーク初日
 佐藤S:物資調達・東松島 遠藤S:亘理 
長谷川氏:石巻VC
石巻VC:大柴、杉本洋、杉本耀、杉本輝、
勝部、岡崎、油布、大倉、
市川、立野

5:00 起床 祈り
 6:00 石巻VCへ出発
7:30 車が少なかったので早く到着
 9:00 大芝、杉本洋、杉本耀、杉本輝、
勝部、岡崎、油布、大倉 泥かき清掃作業
市川、立野 石巻VC受付業務
18:50 石巻VCからセンター帰着
20:20 夕食 21:00 わかちあい・祈り
2:00 就寝

(本日の報告)
ゴールデンウィーク初日は1200名が作業に参加した。
そのうち500名くらいが新来者だった。
今日は、センター始まって依頼の大人数でボランティア活動をした。
本日現在、石巻には1557名が避難所生活をされている。
300箇所あった避難所は113箇所に整理統合されたよう。
亡くなった方は2895人、行方不明者2770人とのこと。
泥だし作業中にもご遺体が発見されるなど、作業は精神的にもきつい。
しかし、その家の方々との出会い、会話などで反対に力づけられる。
明日は最高の人手が予想され、石巻ルーテルテントには男6名女2名が宿泊。
なんと、NHKニュースに杉本牧師の姿が写ったようだ。反響は大きいもよう。
(大柴東教区長から)
今日は一日、杉本先生ご夫妻や勝部夫人と共に石巻でのボランティアを通して4名のおばあちゃまたちと貴重な出会いが与えられました。ぜひ一人でも多くの方 々に同様の体験をしていただきたいと思います。美味しいお食事を心をこめて作ってくださった安藤さんのご奉仕にも感謝します。食事ボランティア、運転ボラ ンティア等も求めています。この働きのために覚えてお祈りください。支援センターとして場所を提供してくださっている仙台教会にも感謝します。在主。 大 柴譲治

2011年4月28日木曜日

岡崎牧師(西日本)レポート20110427

ルーテルとなりびとブログより転載
 岡崎牧師は石巻vcで泥だしボランティアをされました。
画像は作業された家です。
 6:00 センター出発
 8:20 石巻VS 到着
 9:00 民家の畳50枚を運ぶボランティアニ13名参加わる。
 9:40 終了
11:00泥かきボランティア30名で参加。
16:00終了
20:00帰宅

(感想)
初めて泥かきボランティアに参加しました。民家が密集する地域で2階まで津波が押し寄せたようで、ほとんどの家がヘドロが入り込むちゃくちゃでした。ヘ ドロの匂いと海の匂いと、家にあった玄米が腐り尋常じゃない異臭を放っていました。雨具を着ての作業は重労働でした。隣の民家では自衛隊がやってきて作業 中に遺体を発見したようです。他のボランティアグループでは作業中に遺体を発見したそうです。
手付かずの民家が多数あり、人はいくらあっても足りません。予想以上の悪環境の中での作業は肉体的、精神的にきついものだと思いました。ある程度覚悟が必 要です。しかし、誰かがしなければなりません。たくさんのボランティアの働きに感謝するとともに、明日からもできることをしたいと思います。

2011年4月27日水曜日

被災地の地域格差の問題の中で

神様のクレヨン「被災地から・支援物資石巻VC」より転載

110421_134504  救援物資について有り余っているという報道がなされます。たしかに有り余っているところもあります。しかしここで聞く情報は、届けられてない所もまだた くさんあり。いまでもおにぎり1個で生活ということも実際にききます。街全体が津波で破壊されているのですから、すべての公共機関、社協などの団体も同じ 被害をうけています。機能という点でおいついていかないのでしょう。普段ならどこに人がいて、どんな生活をしているかわかっているところが、いまはそれを 調べる時間も人もいないという状況かなと思います。 110421_134739
しかし、物資は届けられているところにはたくさんあります。ボランティアによってきちんと細かく仕訳され、内容物がすぐにわかるように図式化され ています。サイズから色から、男性物、女性物まで。全国からこんなにあつめられることに驚きますし、5000人の給食を思い出しました。パン5つと魚2ひ きで5000人が養われた奇跡は、イエス様の祈りからなされました。いまここに人々の祈りが結集しているのだと思います。

まじわり号外発行


近畿福音ルーテル教会では、広く多くの皆さま方に被災地の現状を
知っていただくため、機関紙「まじわり」の号外を発行いたしました。
右のメニューリンクよりご自由にダウンロードいただけます。
どうぞご活用下さい。
↑画像をクリックするとPDFファイルのダウンロードが開始します↑



医療法人・光ヶ丘保養園へ軽自動車を支援

ルーテルとなりびとブログより転載

日本福音ルーテル教会の立野先生や西日本福音ルーテル教会の岡崎茂先生もご自分で運転されて車を気仙沼まで届けられたとのことです。貴いお働きに感謝いたします。

気仙沼市にある光ヶ丘保養園に、軽自動車3台をルーテルでレンタルし緊急援助期間の支援をいたしました。
保養園は、精神科・神経科の病院で、患者数286名職員150名の病院です。
気仙沼の港にあり、2階までが津波被害にあい、水没と廃材の山になりました。
1階にあった外来・治療・事務・調理配膳機能のすべてを失いました。
同時に、職員の車も流され緊急援助の申請をされていました。
ちょうど、先週現地訪問した議長団がそのことを知り緊急援助することしました。
本日、3台を現地に届けました。
奥山保男園長、新階医師、スタッフから「職員の車50台が流され、病院の車3台すべて流されました。いま一番のニーズに応えてくださり感謝です」という言葉をいただきました。
その後、病院の様子や職員の様子(避難所から通って来る方も多い)
調理の様子(いまも薪で調理し、井戸水でしのぎ、食料品目がない等)をお聞きしました。
家をなくした職員はアパートを借りるにも400人待ちだそうです。
津波の様子、その後自衛隊がくる3日目までのことを聞きました。
食料もなく、患者さんが持っていたおやつを分け合って3日間を過ごされたそうです。
飲料水は自動販売機をすべて壊してわけた。自衛隊がやってきて、菓子パンでその後をしのいだなど。胸が熱くなるお話でした。
気仙沼はまだ支援が十分でなく、これかも何ができるかを考えていきます。


病院のウェブサイト 光ヶ丘保養園

2011年4月23日土曜日

A message from Mr.Nagashima

We want to share a message from Mr.Nagashima who is one of tsunami victim in Sendai-city, a member of Sendai Lutheran Church. 


Dear Friends
23 April

I went to shopping to get some items for my student today.
Sendai railroad station was crowded with people.
I was stopped by Mr. Oishi, a graduate of my college.
He is working as a teacher of Kesennuma Koyo High School.
Kesennuma is the town which was devastated by tsunami.
This seaside high school had the terrible damage.
We talked to each other about our experiences from the earthquake.
He saved his life swimming in the tsunami.
I asked him whether Mr. Takeda, one of the teachers of his high school is safe.
I have been worring about Mr. Takeda because he was one of my students.
I have a special memory of him.
Because he failed my class for two years in a row, he had to kept
beeing the junior in college.
Eventually he got my class and participated in my seminar.
He enjoyed the life of my laboratory and graduated from the college.
After graduated, he became a teacher of the high school above.
I remember the day he visited me together with his students.
I was invited to his wedding.
We send postcards to each other every year.
After tsunami, I called him.
But the machine replyed me as "This dial number is not available now".
Mr. Oishi told me that Mr.Takeda is fine.
Easter Sunday comes tomorrow.
My student came back to life befor Easter.


It was the day before yesterday.
I was stopped by Mr.D who lives next to Sendai church.
He owns a warehouse company.
You can easily imagine that his company had the terrible damage.
After the earthquake, we confirmed of the safety of ourselves by emails.
But that was the first time we saw each other after the earthquake.
I came running up to him and gave him a firm handshake.
We exchanged greetings, asked if each family were OK and talked
everything about our experiences.
Much words overflowed from our mouths.
Probably that was because we are the sufferers.
He became exactly the neighbor for me.


Jesus said
"Whoever can be trusted with very little can also be trusted with much"
Luke 16:10 (New International Version, c2011)
Who do you think are the people trusted with very little?
What the verry little means?


People in the devastated area need human and financial support.
Our church began to do the support project.
First of all, we must be the neighbor for one next to us.

2011年4月15日金曜日

支援センターとなりびと・レポート20110413

「ルーテルとなりびと」より転載

石巻訪問と今後の調査




遠藤さん、佐藤さん(専従スタッフ)、市川さん、翼くん
立野で、石巻を訪問
石巻カトリック教会(カリタスジャパン)
石巻社協支援センター

今後の支援活動の拠点をつくるために石巻を訪問
どの団体も拠点をみつけるのに苦戦。
石巻専修大学の校庭にテントを張って住居の確保
カリタスジャパンも教会から次なる宿泊拠点を探している。

石巻社協・渋谷氏、県社協・佐藤氏と協議
ルーテルの活動に、一つの働きをまかさていただけることになった。
各避難所を回って、聞き取り調査をし、そこで求められる
心のケア、子どものケア、福祉関係でルーテルがもっている賜物を
生かせることへとつなげる。

ルーテル学院・市川学長のご紹介、ご協力をへて
石巻にまず活動拠点をもつ事になりました。

報告 立野

2011年4月14日木曜日

Difficulty Reaching Japan’s Quake Evacuees in Inaccessible Areas

LWF (Lutheran World Federation)のWEBページからの転載です。




Lutheran Volunteer Center Opens in Sendai

TOKYO, Japan/GENEVA, 12 April 2011 (LWI) – One month after the strong earthquake that triggered a devastating tsunami off the northeastern coast of Japan, Lutheran churches there say relief delivery remains a major challenge, with many people still sheltered in places that are not easily accessible.

“There are still gaps between places in Sendai for gasoline and gas supplies. There are also gaps between emergency evacuation facilities and some places still lack enough food and living supplies. There are many people who are evacuating in mountain areas, and they have difficulties to get their needs,” Rev. Naoki Sugioka of the Kinki Evangelical Lutheran Church (KELC) reported in Tokyo following a 6-7 April visit to some of the affected areas in Miyagi Prefecture.

Sugioka, KELC president Rev. Shigeo Sueoka and vice president Rev. Terumitsu Hagenoshita had traveled to Schichigahama, Tagajo, Sendai, Minami Sanriku and Utazu in Miyagi Prefecture, a few days after three four-ton trucks delivered food and non-food relief items worth YEN 4,598,800 (USD 54,748) purchased by Lutheran churches.

The KELC pastors reported on their visit at an 11 April meeting of the Japan Lutheran Emergency Relief (JLER), the committee coordinating response by KELC, Japan Evangelical Lutheran Church (JELC), Japan Lutheran Church and West Japan Evangelical Lutheran Church.

As planned, the Lutheran churches have opened a volunteer center for their joint relief operations at JELC’s Sendai Church near the epicenter of the 11 March quake. Named the Sendai Lutheran Support Center Tonaribito, it opened its doors on 11 April, with Rev. Tsugu Koizumi of the Chiba Lutheran Church near Tokyo helping out in distributing relief materials and coordinating volunteer support from there.
The Japanese word Tonaribito means neighbor.

A first assessment by a team of Lutheran pastors who had travelled to affected areas in Miyagi Prefecture from 24 to 30 March had indicated that the “serious lack of gasoline makes it impossible to distribute food to each of the evacuation centers,” where an estimated 48,996 are still sheltered according to the Japanese government National Police Agency.

 

World’s Attention

While there are currently many volunteers offering various services including clearing the affected areas, the need for human power is tremendous. “The areas need a lot more volunteers to help,” Sugioka stressed.
A month after the disaster, “it is getting warmer, the smell and health problems are going to increase seriously, therefore we have to take immediate action now,” he added.

He noted the world’s attention was mainly focused on the nuclear plant problem, therefore decreasing focus on the needs of victims and affected places. “This is an unfortunate situation,” he said, describing the debris of washed away bridges, vehicles, boats, destroyed houses, and household goods and personal effects that litter the affected areas.

At the recent meeting, Rev. Sumiyuki Watanabe, JELC president and chairperson of JLER, said the four-church grouping had approved employment of a new full-time staff person to coordinate their response in the aftermath of the disaster.
“I will enter Miyagi [Prefecture whose capital city is Sendai] within this week and be in charge of coordinating volunteers,” said Ms Yuko Endo, previously working with the Asian Rural Institute, a Christian-run international training ground for grassroots leaders on sustainable agriculture, community development and leadership.

JLER plans to employ two more staff attached to the local Social Welfare Council in the affected areas and for coordinating shipment of relief materials.

Psycho-Social Support

Meanwhile, Rev. Masaru Kawata, chaplain of the Tokyo-based Japan Lutheran College, said, “We are considering how we can use our expertise on psycho-social support and social welfare, possibly in collaboration with the Lutheran churches.”
The program may include support for relief workers, who have to deal with their own individual loss while at the same time responding to the needs of grieving disaster victims.

Mr Hiromi Morikawa, director of the Japan Evangelical Lutheran Association, a Tokyo-based non-profit organization providing education, health and services to refugees, said his group was considering ways of supporting children who are among the victims of the disaster.

By 12 April, Japan’s National Police Agency reported the death toll from the earthquake and tsunami had reached 13,228 people, with 14,529 reported missing. More than 55,700 buildings have totally collapsed and another 154,215 are partially damaged.

“It is good that all the like-minded organizations under the Lutheran umbrella have come together to make a plan to approach the response [to the disaster],” said Mr K.G. Mathaikutty, seconded staff from The Lutheran World Federation (LWF) Department for World Service (DWS) associate program in India, who is currently supporting JLER as an emergency adviser.

“Since we didn’t have prior preparation for responding to the disaster, we are just starting from scratch,” he noted.
Mathaikutty said “uncertainty prevails now,” as the JLER begins its work, but he expressed hope that they would soon “have a more clear strategy on how to proceed, what we are going to do by next week or in ten days. I hope things will be much clearer.” (837 words)

(Written for LWI by Hisashi Yukimoto)

2011年4月13日水曜日

ボランティア報告(雄勝にて)

「ルーテルとなりびと」ブログより転載

鈴木たすくさんよりのレポートです。
4月12日(火)は大学からの派遣で、宮城県北部の雄勝町での学習支援のボランティアをされたようです。
精力的にボランティアに取り組んでくださっています。
 ------------

雄勝町の被害状況

雄勝町の被害状況










4/12(火)東北学院大学でのボランティア活躍報告
7:40東北学院大学土樋キャンパス出発
9:45河北インターで降り、みちのえきで休憩
11:10雄勝町荒避難所到着
15:30活動終了、避難所出発
16:50みちのえきで休憩、報告
17:50みちのえき出発
19:40仙台駅到着、解散

・参加者は教員2名を含めた8名。
・避難所までの道にはまだ津波が来た痕跡が残っており、沼地のようになっているところがありました。
・荒避難所は個人宅に数世帯が集まって生活していました。
・子供は小学4年から高校1年まで10人おり、ちょうど男女5人ずつでした。
・活動は自己紹介、ドロケイ、野球の話、勉強、野球のバッティング、トランプ、UNO、プラモデル作りといったことをしました。
・17日にもう少し大きい避難所に移るそうです。
・避難所には発電機が設置してありました。
・水は山の水のようなものが流れていました。
・水、新聞紙などは自衛隊から届けられていました。
・海に面しているところは被害が出ていたが、山の方の高台はほとんど被害が出ていませんでした。
・女子生徒のニーズは洗顔フォーム、ファッション誌、靴下、辞書で、男子生徒のニーズはゲーム機(実現するのは困難?)、おかしでした。
・16日にも活動を予定していたのですが、17日に避難所を移るということで18日か19日に変更するようです。
・食料は来ているが、その日のお昼が焼き芋だということで、そこまで種類は充実していないのかもしれません。
・子供たちに問題集をあげたら喜んでいました。

〈感想〉
子供たちはすごく明るい様子だったのですが、ある兄弟の母親が近くの病院で働いている時に津波の犠牲になったと聞き、衝撃を受けました。
子供たちは避難所にいるのでそこは通りませんが、近くの浜辺にも瓦礫が流されてきているため、トラウマにならないか心配になりました。
今は小規模の避難所にいるためのびのびとやっていましたが、大きい避難所に移るということで、子供たちが生活しにくくなりはしないかということも不安です。
ただ子供たちから「勉強したい」、「泊まっていってもっと遊ぼう」という声があがったことは素直に嬉しく感じました。
子供にとっては大学生のお兄さん、お姉さんに勉強を見てもらったり、一緒に遊んでもらったりということで少しでも被害のことを忘れて、心のケアに繋がるのかもしれません。
大学でもこの活動は続けるようで、力仕事だけではなくても僕らが力になれることはあるのだと感じました。

支援センターとなりびと・レポート20110411


聖公会対策本部にて



亘理町災害ボランティアセンター

 

411日(月)活動報告
マシューさん 
 8:30 エマオにてボランティア参加、帰宅、21:00現在就寝中 お疲れの様子       
小泉  
 8:15 鈴木たすくさんと共に聖公会へ
     聖公会にて救援物資の整理
 14:00頃 食料品を積み込み亘理町避難所(佐藤記念体育館)に出発
 17:00頃 作業終了聖公会着
 18:00 ロジスティクス担当の佐藤さんセンターに到着
      宿泊先である聖公会ナザレの家へ
      小泉と佐藤さんでミーティングをかねて夕食
 21:00  小泉センターへ帰着、マシューさん夢の中以上



2011年4月12日火曜日

『被災後の子どものこころのケアの手引き』発行 無料ダウンロード(ルーテルとなりびとブログより転載)


ルーテル学院大学は、特定営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパンと協働して『被災後の子どものこころのケアの手引き』(監修・執筆 ルーテル学院大学臨床心理学科 谷井淳一 准教授、加藤純 教授)を発行しました。

ここからダウンロード出来ます。『被災後の子どものこころのケアの手引き』  

この手引きは、被災された子どもを支援される方々(特に教育関係、福祉関係のみなさま)および保護者による中長期的な子どものこころのケアのために活用していただくためのものです。自由にダウンロードしてください。

2011年4月9日土曜日

被災地訪問記録 南三陸町・歌津 2011年4月7日

仙台YMCAのスタッフの皆さんと一緒に南三陸町と
歌津町の避難所に救援物資を届けました。
写真とともに、被災地の様子をお届けします。
ここに掲載されている写真の他に300枚近くの写真をこちらにアップしています。

救援物資を載せた仙台YMCAのマイクロバスと共に被災地に向かいました。

若林地区では有料道路の海岸側は壊滅状態でした。

内陸側は無傷のところもありました。南北を走る有料道路が被害の明暗を分けた様子がよく分かりました。

気仙沼線の電車が途中で止まったままになっていました。

標高のかなり高いところから既に津波の被害が始まっていました。川をつたって津波が駆け上がってきた様子が分かります。

もともとそこに何が存在したのかさえも想像出来ないほど津波に荒らされていました。
戸倉小学校





避難所になっている志津川自然の家に救援物資を運び込むお手伝いをしました。
YMCAのスタッフの皆さんと末岡氏

救援物資はここから近隣の5つの避難所にも分配されるとのことです。

木の高いところにひっかかったブイ

南三陸町に入る橋が崩壊したため急造の橋が造られていました。

志津川病院

南三陸町役場

3階建てのアパートの上に車が打ち上げられていました。


歌津駅。かなり高いところに位置するにも関わらず被災した様子。

避難所になっている歌津小学校に物資を運び込みました。

背の高い建物にもブイがからみついていました。

どこに行ってもむちゃくちゃに壊された車を見ました。

2011年4月8日金曜日

震度6強















昨夜の大きな余震が来たとき、私たちは
南三陸町でのボランティア活動から帰って
宿泊先の鶴ヶ谷教会で就寝しようとして
いたところでした。
教会の建物は無事でしたが、花瓶や食器等
色々なモノが落ちて割れている状態です。

仙台市内は、信号がストップしているため、
中心部方向はまったく動いていない状態で
大渋滞が起こっています。
このため、東北自動車道も泉インターまでは
開通していますが、自動車道上はインター
出口前で長蛇の車列が出来ていて動いて
いません。(8日、午前8時現在)
東京方面から仙台に行かれる方は道路情報
に注意しながら泉インターの手前の出口で
降りられた方が無難かも知れません。

泉インターから福島方面は問題なく流れて
います。予定通り行けば私たちも今夜
遅くに大阪に帰着出来る予定です。

藤井先生や長島さんをはじめ、今回、
私たちの被災地訪問にあたって、
宿泊のお世話や様々なご手配をして
下さった多くの皆さんに心からの感謝を
申し上げます。

これからも被災地の一日も早い復興と
被災者の皆さんの生活再生のために祈り、
行動して行きたいと願っています。

主キリストの助けと平和がありますように。

末岡成夫、はげの下照光、杉岡直樹

2011年4月7日木曜日

190枚の写真

昨日訪問した各所で撮った写真をPicasaにアップしました。

こちらです(Picasa WEB Album)