2011年4月5日火曜日

鶴ヶ谷教会到着 Arriving in Tsrugaya Church, Sendai

朝4時30分に大阪を出発し、夜8時30分に無事仙台のルーテル鶴ヶ谷教会に
到着しました。
藤井牧師と仙台教会の長島さんが暖かく迎えて下さり、早速、手短に現在の
被災地の状況と明日のスケジュールについて説明を受けました。

藤井牧師と長島さんから説明を受ける

(左から)藤井牧師、長島さん、はげの下副議長、末岡議長、杉岡牧師

現在、仙台では地域によってガソリンの供給やガスの復旧等、復旧状況に
まだ格差があるそうです。

避難所間の格差も未だ存在していて、未だ十分に必要物資が届かない
避難所も数多くあるとのことでした。また、テレビなどではほとんど
報道されることがありませんが、山の方に避難しておられる被災者の
方たちもおられ、そういった所にもなかなか物資が行き渡らないそうです。

既に多くのボランティアの方たちが被災地の清掃などの奉仕をして
おられるとのことですが、まだまだ人手が足りず、あと1ヶ月後位で
暖かくなる前に片付けてしまわないと、衛生問題や悪臭問題がさらに
深刻化するので、「今」なんとかしないといけないとのことでした。

世界の関心のほとんどは原発事故問題に行ってしまっていて、
早急に解決されなければならない被災地の問題についての関心が
薄れてしまっていることに危惧を感じておられるとのことでした。

明日は、長島さんの案内で多賀城、塩釜、七ヶ浜、若林地区、YMCA、
聖公会等を訪問する予定です。


At 4:30 a.m. we left Osaka up to North and safely arrived in Tsurugaya Lutheran Church in Sendai at 8:30 p.m.
Pastor Fujii and Mr.Nagashima welcomed us warmly and we received a short orientation about current situation in Sendai and second day’s schedule.

There are still gaps between places in Sendai like gasoline and gas supplies.
There are also gaps between emergency evacuation facilities and some places still lack enough food and living supplies. Media doesn’t report, but there are many people who are evacuating in mountain areas, and they have difficulties to get their needs.

Already many volunteers are on their service like cleaning affected areas, but there are tremendous needs of human power. The areas need a lot more volunteers to help.
In a month, as getting warmer, the smell problem and health problem are going to increase seriously, therefore we have to take an immediate action now.  

The world concern is now only focused on the nuclear plant problem and decreasing for the need of victims and affected places. This is an unfortunate situation.  

Tomorrow (6th April) we are going to visit Tagajou, Siogama, Shichigahama, Wakabayashi-area, YMCA and Anglican Church etc.

0 件のコメント:

コメントを投稿